参照型は、アドレスを参照していたんですね。

参照とは、メモリ内のアドレスを参照しているということを理解してからは、参照型の理解が進みました。

参照型

配列型もString型もクラス型もメモリ内のアドレスを参照している参照型だったんですね。

クラス型にはインスタンスのアドレス情報が入っている、配列型には最初の要素のアドレスが入っている。

頭の中が整理されました。

プログラミングの勉強方法

初心者のプログラミングの効率的な勉強方法
プログラミング言語はどの言語も途中までは、ほぼ同じです。複数の言語を一気に勉強するのが効率的です。プログラム言語の教材の構成プログラム言語の教材の構成は、ほぼ、以下のようになっています。変数の宣言・値の代入...

コメント

タイトルとURLをコピーしました