初心者のプログラミングの効率的な勉強方法

プログラミング言語はどの言語も途中までは、ほぼ同じです。

複数の言語を一気に勉強するのが効率的です。

プログラム言語の教材の構成

プログラム言語の教材の構成は、ほぼ、以下のようになっています。

  • 変数の宣言・値の代入
  • 演算子を使って演算
演算子

演算子には、算術演算子・関係演算子・論理演算子などがあります。

変数の宣言・値の代入

C言語

int x=2;
int y=3;

Java

int x=2;
int y=3;

算術演算子

演算子演算記述例意味
+加算a+ba に b を加える
減算a-ba から b を引く
*乗算a*ba に b を掛ける
/除算a/ba を b で割る
%剰余a%ba を b で割った余り

C言語

int x=2, y=3, sum;
sum=x+y;

サンプルコード

#include <stdio.h>

int main(void){
  int x=2, y=3, sum;
  sum=x+y;

  printf("x + y = %d\n", sum);

  return 0;
}

上記を「sum.c」の名前で保存しコンパイルします。

実行ファイル名を指定

実行ファイル名を指定する場合は「-o ファイル名」をつけて「gcc -o sum sum.c」のようにコンパイルします。

gcc -o sum sum.c

「sum」と入力して実行します。

「sum」と入力して実行します。

Java

int x=2, y=3, sum;
sum=x+y;

サンプルコード

class Sum{
  public static void main(String[] args){
    int x = 2, y = 3, sum;
    sum =x+y;

    System.out.println(x+"+"+y+"="+sum);
  }
}

上記を「Sum.java」の名前で保存しコンパイルします。

javac Sum.java

「java Sum」と入力して実行します。

java Sum
「Sum」と入力して実行します。

複数の言語を一気に勉強する

プログラミングを動画で楽らくマスター!動画パソコン教室!『楽ぱそDVD』【プログラミング編】

プログラム言語の教材の構成

  • 条件分岐
  • 繰り返し処理

条件分岐

条件分岐

「if」文や「switch」文を使い条件に従って処理を分岐する方法

演算子

演算子には、算術演算子・関係演算子・論理演算子などがあります。

関係演算子

演算子記述例意味
==a==baとbが等しい
!=a!=baとbが等しくない
>a>baがbより大きい
<a<baがbより小さい
>=a>=baがbが大きいか等しい
<=a<=baがbが小さいか等しい

論理演算子

演算子演算記述例意味
&&論理積 ANDa&&baとbが共に真の場合に真
||論理和 ORa||baかbの少なくとも1つが真の場合に真
!否定 NOT!aaではない

if文

C言語

int score = 86;
if (score>60) {
 printf("合格\n");
}else{
 printf("不合格\n");
}

サンプルコード

#include <stdio.h>

int main(void){
  int score = 86;
if (score>60) {
 printf("合格\n");
}else{
 printf("不合格\n");
}
  return 0;
}

上記を「pass.c」の名前で保存しコンパイルします。

実行ファイル名を指定

実行ファイル名を指定する場合は「-o ファイル名」をつけて「gcc -o pass pass.c」のようにコンパイルします。

gcc -o pass pass.c

「pass」と入力して実行します。

「pass」と入力して実行します。

Java

int score = 86;
String result;

if (score > 60){
  result = "合格";
}else{
  result = "不合格";
}

System.out.println(result); 

サンプルコード

class Pass{
  public static void main(String[] args){
    int score = 86;
    String result;

    if (score > 60){
     result = "合格";
    }else{
     result = "不合格";
    }

    System.out.println(result); 
  }
}

上記を「Pass.java」の名前で保存しコンパイルします。

javac Pass.java

「java Pass」と入力して実行します。

java Pass
「java Pass」と入力して実行します。

繰り返し処理

繰り返し処理

同じ処理を繰り返して行ったり、変数の値を変えながら同じ処理を行ったりする時にfor文・while文が使われます。

for文

C言語

int sum = 0;

    for (int i = 1; i <= 5; i++){
      printf("%d\n",i);
      sum += i;
    }

サンプルコード

#include <stdio.h>

int main(void){
  int sum = 0;

    for (int i = 1; i <= 5; i++){
      printf("%d\n", i);
      sum += i;
    }

    printf("合計=%d\n", sum);

  return 0;
}

上記を「sum-f.c」の名前で保存しコンパイルします。

実行ファイル名を指定

実行ファイル名を指定する場合は「-o ファイル名」をつけて「gcc -o sum-f sum-f.c」のようにコンパイルします。

gcc -o sum-f sum-f.c

「sum-f」と入力して実行します。

「sum-f」と入力して実行します。

Java

int sum = 0;

    for (int i = 1; i <= 5; i++){
      System.out.println(i);
      sum += i;
    }

    System.out.println("合計=" + sum);

サンプルコード

class Sum_f{
  public static void main(String[] args){
    int sum = 0;

    for (int i = 1; i <= 5; i++){
      System.out.println(i);
      sum += i;
    }

    System.out.println("合計=" + sum);
  }
}

上記を「Sum_f.java」の名前で保存しコンパイルします。

javac Sum-f.java

「java Sum_f」と入力して実行します。

「java Sum_f」と入力して実行します。

複数の言語を一気に勉強する

プログラミングを動画で楽らくマスター!動画パソコン教室!『楽ぱそDVD』【プログラミング編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました