Pleiades All in One for PHPのインストール

PHPプログラムはサーバー上で動くプログラムなのでサーバーを準備する必要があります。

Pleiades All in One 使ってローカル環境を作成する方法をご紹介します。

Pleiades All in Oneのダウンロード

Pleiades All in One

Windows向けにEclipse本体と日本語化を行うためのPleiadesプラグインおよびプログラミング言語別に便利なプラグインをまとめたパッケージです。

Pleiades All in One Eclipse ダウンロード

左上にある最新バージョンのEclipseを選択

左上にある最新バージョンのEclipseを選択

PHP用のFull Editionをダウンロードします。

PHP用のFull Editionをダウンロードします。
Full Edition

JDKのインストールや環境変数の設定が不要で Eclipse の各種設定も自動で行われるため、ダウンロードして起動すれば、すぐに日本語化された Eclipse を利用できます。

PleiadesをPC上に展開する。

Pleiades All in One」のzipファイルを解凍します。

解凍したpleiadesフォルダをドライブ直下(C:)に置きます。

eclipseの起動方法

pleiadesフォルダの中にあるeclipseフォルダを開き「eclipse.exe」のショートカットをデスクトップに送ります。

「eclipse.exe」のショートカットを実行するとeclipseが起動します。

ワークスペースとしてのディレクトリー選択

ワークスペースを選択します。

XAMPPで実行するにはそのままの方がいいです。404エラー(Not Found)になります。

404

指定したURLは今現在存在しないページであることを意味します。

PHPプロジェクトを作成

「ファイル」「新規」「PHPプロジェクト」を選択

「ファイル」「新規」「PHPプロジェクト」を選択

プロジェクト名を設定します。

設定した名前がプロジェクトフォルダの名前になります。

プロジェクト名を設定します設定した名前がプロジェクトフォルダの名前になります。

「完了」をクリック

ホームページ作成ソフトでページの新規作成をするとDOCTYPEや文字エンコーディングが自動的に作られるのでEclipseに外部エディタを登録しています。

ホームページ作成ソフトでページの新規作成をするとDOCTYPEや文字エンコーディングが自動的に作られるのでEclipseに外部エディタを登録しています。

ホームページ作成ソフトで「hello.php」と名前を付けて保存

Eclipseに外部エディタを登録する方法

Eclipseを再起動し「hello.php」を開きます。

Eclipseを再起動し「hello.php」を開きます。

本来なら「Hello World」ですが文字化けしないか確認したいので「こんにちは、世界」と入力しました。

本来なら「Hello World」ですが文字化けしないか確認したいので「こんにちは、世界」と入力しました。

Webサーバ(Apache)の起動

Apache

自分が使ってるPCをサーバー代わりにできます。

「xampp-control.exe」のショートカットをデスクトップに送りクリックします。

星条旗の方を選択し、「Save」ボタンをクリックします。

星条旗の方を選択し、「Save」ボタンをクリックします。

「Start」ボタンをクリックしApaheの背景色が緑色になれば成功です。

「Start」ボタンをクリックしApaheの背景色が緑色になれば成功です。

プログラムの実行

「実行」「PHP Web アプリケーション」をクリック

デバッグモードになり実行が止まるので、再開を押して処理を進めます。

デバッグモードになり実行が止まるので、再開を押して処理を進めます。

無事、ブラウザが表示されました。文字化けもありません。

無事、ブラウザが表示されました。文字化けもありません。

PHPが動作する環境はできあがりました。

XAMPPの「MySQL」でデータベースを作成する方法

Pleiades All in One をインスートールしてPHPを始める!

コメント

タイトルとURLをコピーしました