条件付き確率 の「|」は、「given」だったんですね。

スポンサーリンク

条件付き確率

P(B|A) Aが起った時のBの条件付き確率

「PBギブンA」の「ギブン」て何だろうと思っていました。

 Aの条件が与えられた時のBの確率だったんですね。

「Probability B given A」の「given」

Aの条件が与えられた時のBの確率だったんですね。

Probability

確率

プログラミング共通

条件付き確率 の「|」は、「given」だったんですね。
逆ポーランド記法の変換 のやり方
関数名 は 動詞 が使われていたんですね。
1バイトに代入できる数字 の意味が分かってきました。
CSV形式 とは、カンマで区切った値のことだったんですね。

初心者の プログラミング の効率的な勉強方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました