C言語 で つまずくところ

C言語 で つまずくところ を紹介します。

C言語 でつまずくところ は ポインタと開発環境の構築 です。

C言語 の ポインタ をわかりやすく説明

C言語 でつまずくのが ポインタ です。

ポインタ変数に変数のアドレスを代入することまでは分かります。

C言語の統合開発環境 をアンインストールしました。

複数のファイルに分割してプログラムを書く場合、リンカの方法が分からなかったので C言語の統合開発環境 を使っていました。

C言語の ポインタ は 参照渡し なのかなと思えてきました。

C言語の一番の難関とされているのがポインタです。 C言語の学習もポインタに入ってきました。

ポインタの学習を続けていくうちに ポインタ って他の言語の 参照渡し に似ていると思えるようになってきました。

long long 型のフォーマット指定子 は「%I64d」でした。

C言語でprintfの書式指定で long long 型のフォーマット指定子 は、「%lld」「%llu」を使うように書かれているので使用するとコンパイルできずにエラーが出てしまいます。

‘(シングルクォート) は、文字を数値として扱う。

今まで、 ‘(シングルクォート) とダブルクォート)ととの違いについて、さほど気にしていませんでした。

動画パソコン教室『楽ぱそDVD』【C#プログラミング】

初心者の プログラミング の効率的な勉強方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました